赤い羽根 かながわ  
     
 
 
トップページ
共同募金とは?
つかいみち
寄付する  
配分申請関係
税制情報
コラボ情報
災害支援について

新着情報
 

2013.5.1

平成24年度共同募金運動の報告について

 平成24年10月1日から12月31日まで実施しました共同募金運動は、県民の皆さまから11億6,912万9,912円の寄付をいただきました。ありがとうございました。

 募金の内訳は下記の通りです。

区   分
目標額
実績額
一般募金(赤い羽根募金)
8億2,530万円
7億6,890万8,251円
年末たすけあい募金
3億9,770万円
4億22万1,661円
合   計
12億2,300万円

11億6,912万9,912円

 また、具体的な使い道(使途)は、「平成24年度共同募金の使途概要」の通りで、県内の民間社会福祉施設・団体などへ配分しましたことを報告いたします。

  共同募金に協力いただきました皆さま並びに共同募金ボランティアの方々の温かいご支援・ご協力に深く感謝申しあげるとともに、引き続き、ご支援・ご協力を賜りますようお願い申しあげます。

                 ありがとうございました

      ●●●平成24年度共同募金の使途概要●●●

■地域福祉を推進する市区町村社会福祉協議会の活動を支援するために
  ⇒58団体 3億360万6,003円
 ▼具体的な使途内容:青少年福祉施設体験学習事業、子育てサロン支援事業、一人親家庭バス旅行開催事業、福祉教育プログラム支援事業、障がい児余暇支援事業、当事者団体育成事業、ふれあいキャンプ事業、高齢者料理教室開催事業、移送サービス事業、福祉法律相談事業、災害救援活動講習会開催事業、福祉情報誌発行事業、心配ごと相談事業、地域小災害被災者支援事業、障がい者避難所体験、ひとり暮らし老人給食会等

■法定社会福祉施設を利用する児童・障がい児者・高齢者を支援するために
⇒127施設 1億5,605万4,985円
 ▼具体的な使途内容:児童養護施設の送迎車両整備、保育所の園舎外壁漏水工事、障がい児者福祉施設の空調設備改修工事、就労訓練事業用店舗備品整備事業、厨房設備整備事業、福祉車両整備、高齢者福祉施設の給水配管改修工事等

■ 障がい者地域作業所・生活ホームで自立就労訓練を行う障がい者を支援するために
 ⇒86施設 5,411万8,000円
 ▼具体的な使途内容:障がい者自立就労訓練用機器類(農作業機器類・印刷機・急速冷凍庫等)、作業室改修工事(トイレ・床)、福祉車両整備、障がい者共同生活用備品類(エアコン・調理機器等)整備、入居者個室改修工事等

■ 青少年・障がい者・高齢者・難病当事者・女性保護団体等の活動を支援するために
 ⇒94団体 6,800万4,996円
 ▼具体的な使途内容:被虐待女性・母子のための緊急一時保護活動、障がい者スポーツ大会開催事業、難病患者に対する医療・福祉情報提供事業、子育て支援スペース整備事業、不登校・引きこもり若者支援事業、東日本大震災による神奈川県内避難者支援事業、他

■ 在宅福祉サービスを推進する非営利型福祉団体の活動を支援するために
 ⇒234団体 4,804万円
 ▼具体的な使途内容:生活支援を必要とする在宅高齢者・重度障がい者の家事・介護活動、ひとり暮らし・要介護高齢者のための配食サービス活動、障がい者外出支援のための送迎サービス活動等

■ 年末たすけあいとして募集し、市区町村ごとに行う援護や事業のために
 ⇒58団体 4億,22万1,661円
 ▼具体的な使途内容:要援護世帯・障がい児者・寝たきり高齢者等慰問金、ひとり暮らし高齢者の栄養と健康を考える集い開催事業、在宅高齢者寝具丸洗いサービス事業、リハビリ教室開催事業、ふれあい会食会開催事業、在宅介護者の集い開催事業等

■ 市区町村ごとに募金活動を実施するための各種募金資材の作製やボランティア活動を 推進するための事業費として⇒5,727万円

■ 国内大規模災害時の被災者支援のための災害準備金繰入額として
  ⇒3,507万3,000円

■ 全戸配布用広報資材の作製や、たすけあいの心の普及を図る「小中学生福祉作文コンクール」の開催事業など共同募金運動を推進するための事業費として  ⇒8,167万円

【総   計】 12億405万8,645円
(注)上記使途財源には、前年度繰越金等を含みます。            

 

 


ページの先頭へ▲

社会福祉法人神奈川県共同募金会 〒221-0844 横浜市神奈川区沢渡4-2 TEL:045-312-6339  お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら
  サイトマップ 組織情報 その他の助成金情報 ダウンロード 受配者指定寄付金 個人情報の取り扱い